介護の仕事の求人をご自宅の近くで探している方へ

デイサービスとデイケア、求人サイトを見ているとこのような名称の施設が出てきます。

名前の印象的にほぼ同じだと思っている方も多いかと思いますがどうやら違うようです。

介護保険サービスでは「通所介護」というものと「通所リハビリテーション」の2つに分類されています。

デイサービスというものは昼間に施設に通い、ごはんや入浴したり頭の体操をするなどといった介護サービスを受けるのですが、デイケアでは、日中に施設に通うという点は同じですが利用者の目的は介護サービスではなく「リハビリテーションを受けること」になります。

そのため、通う目的は生活支援を目的にしたサービスを受けるためではなく機能を回復させることを主たる目的としたサービスになります。

転職活動中の方は人材派遣会社を利用するのもいいかもしれません。

登録すると転職エージェントから自分の条件にあった求人をしている企業が紹介され、面接対策や就業までのサポートをしてくれます。

正社員として採用されても実際の条件と求人時の条件が違うということもあります。

そこで、「紹介予定派遣」という労働形態で働いてみるのはどうでしょうか。

紹介予定派遣とは「正社員などの直接雇用」と「派遣社員」のいいとこ取りをしたような制度で、いわゆる試用期間中を派遣社員として実際の現場を見て環境が自分に合うか、企業側としても求めていた人材だったかを確認します。

派遣社員扱いなので派遣期間時の就業や正社員登用時の勤務日などの条件交渉を派遣会社が間に入って手助けしてくれる制度です。

介護の仕事にどんな印象がありますか?大半の方は「キツイ、汚い、給料が安い」の3Kだと思っているのではないでしょうか。

でも、本当のところはどうなのでしょうか。

実は、働きやすくて自由がきく仕事なのだそうです。

例えば、日中だけオープンしているデイサービスの求人ならば夜勤がありませんし、また1日中可動している老人ホームなどの場合でも日勤だけという働き方も可能です。

逆に、夜勤にすると夜勤手当がたくさんつくので積極的に夜勤で働いて貯金をする方や、夜勤だけを月10日くらい働いてあとは自由に過ごす方もいるそうです。

人様の役に立つ職業と聞いてどんな職業が思い浮かびますか?まず最初に思いつくのが医者ではないでしょうか。

でも、みんなが医者にはなれませんよね。

それでは生活に密着した介護のお仕事はいかがでしょうか。

口コミを見ると1番の魅力・やりがいは笑顔でお礼を言われる、元気のなかった方の笑顔が出てきて感謝されるときが多いようです。

その他にも、キャリアアップしやすいことや日勤のみの求人があるほか、逆に夜勤だけ10日だけ働いて残りは自由に過ごすなど存外自由がある仕事だとわかりました。

「介護をしない」高齢者施設。

というキャッチフレーズの求人情報を見かけました。

介護をしないとはどういうことなのか調べてみたところ、下記のようなことがわかりました。

求人を出している施設は地方自治体で運営している軽費老人ホーム(ケアハウス)のことでした。

一般的にイメージする老人ホームとの違いは、老人ホームでは職員が掃除や洗濯などの生活支援の他に入浴介助もしますが、一般型では、職員はお風呂の準備はしますが入浴介助はしません。

また、地方自治体、社会福祉法人が運営しているメリットとして有料老人ホームと比べ低い月額で入居することができます。

アルバイトを探す時、何か資格を保有している方は資格を使えるようなバイトを探してみてはいかがでしょうか。

資格が必要なアルバイトの時給はコンビニ等と比較すると高く設定されていますし、就職するときにバイトの経験が良いように働くかもしれません。

例えば福祉関係に強いジョブパワーズという求人サイトを例に挙げると介護福祉士や正・準看護士の資格を持っている方の求人は多いので資格を持っている方は近場で募集されていないか確認してみてはどうでしょう。

最近はこのような専門的な資格が必要な職種に限定した求人サイトが増えていますので有効活用することをおすすめします。

求職する際に便利な大手求人サイトですが、カテゴリー分けが分かりにくく、目当ての仕事にたどり着けない、希望の求人が見つからない、といった経験はありませんが?特定の業種に特化した求人サイトを利用しましょう。

特に、介護業界はその傾向が顕著で大手サイトよりも掲載数が多い場合もあります。

また、介護系サイトの中には職場見学が可能な転職サイトもあり、設備やサービス、職務内容、どのような患者さんが入院しているかなど職場の雰囲気をあらかじめ確認できます。

この種のサイトの中には長年提携している企業もあり、面接に同行しているエージェントもいますから質問の内容を聞いてみるのも良いでしょう。

介護業界の求人を見ていると気になる単語がありました。

それは「ケアハウス」と「老人ホーム」の表記の違いです。

この2つの施設は同じ施設のイメージを持たれる方も多いかと思いますが、調べてみた結果、「ケアハウス」というものは軽費老人ホームのことで、自治体の助成を受けることで比較的低額な料金で入居できる福祉施設のことで、「老人ホーム」は民間が管理・運営をしている福祉施設のことのようです。

2つのサービスの違いとして具体的には、「老人ホーム」には入浴介助等行なわれますが、一方の「ケアハウス」では食事や洗濯といった要介護度が低い方が対象となっています。

現在、 インターネット上には色々な求人サイトがありますが、数が多すぎてどのサイトを使ったらいいのかわからないですよね。

webサイトを大きく分類すると2種類になります。

営業、企画事務系など業種を限定しない総合的なサイトと医療・介護系専門、トラックドライバー専門などの職種専門サイトです。

やりたい仕事が明確、取得した資格を有効的に使いたいという場合には職種を絞ったサイトを利用したほうがやりたい仕事が見つかる確率は高いです。

また、業界専門サイトも複数あり、各サイトごとの特徴を比較していくと、応募・面接前に勤務先を見ることができるのがウリ、担当者と応募者が直接気になることを質問できることなど特徴が異なることがわかりました。

仕事をする上で重要なことはキャリア形成ですね。

キャリアアップすると具体的に給与が上がるなど評価もアップします。

有効な手段としては資格を取る、転職するなどがあります。

特に、介護業界では、その傾向が顕著です。

手始めに、初任者研修・実務者研修を受講して資格を取得する。

生活相談員の条件をクリアして入所から生活までのカウンセリングやサポートをする。

要介護者のケアプランを作成するケアマネジャーの資格を取得する。

など、資格を取得することが=キャリアアップ=給与アップに繋がります。

また、転職する場合に求人サイトを見ると資格を所持していればケアマネとして就業できるチャンスも広がります。

育児もひと段落し、フルタイムで働く前にパートで働いてみようかなと考える方も多いと思います。

どうせならば昔携わっていた仕事に近いことあるいは持っている資格が使える仕事を選びたいですよね。

例えば、介護福祉士の資格を持っている場合、コンビニ等で働くよりもヘルパーといった介護職は時給が高く、日勤のみも選べます。

会社によっては週1日からでもパート可能など自分の生活リズムに合わせて働けるメリットもあります。

ジョブパワーズのように職種を限定した求人サイトも多くなっているので自身の資格・経験を上手に活用していきましょう。

大病を患う患者さんの苦痛を極力軽減し、自分らしい生き方を全うできるよう手助けをするホスピス。

延命治療に時間をかけるのではなく、患者さんの日々の生活を豊かにするために専門のチームがケアを行います。

専門のスタッフは医者と看護師をはじめ薬剤師などがいます。

病院によっては麻酔科医や介護福祉士などが所属しています。

看護師としての経験が積めることは間違いないのでより経験を積みスキルを高めたいと考えている方は求人数が少ないので、数少ないチャンスに遭遇したら挑戦されることをおすすめします。

ただ1つ注意点として、終末医療は報われないことに辛さを感じることもあるようです。

少子高齢化により老人ホームなどの施設が増加しそれに伴い介護求人件数も増えています。

でも、自分で色々なサイトで条件に合った仕事を探すのは大変です。

そんな方は派遣会社への登録を考えて見てはどうでしょうか。

登録していいところとしては、エージェントが職者の希望に合った職場を探し、実際に職場見学に同行してくれ、色々確認をしてくれます。

面接対策や条件交渉も行なってくれます。

見学した紹介先に納得し、施設側の条件を満たすと勤務先でのトラブルなどの相談にも乗ってくれます。

場合によっては施設側から正社員登用されることも多いようです。

様々な理由でお金を貯めたい、自分の夢のための時間をできるだけ作りたい、という方に良さそうな仕事が特養をはじめとした24時間開いている介護施設での夜勤です。

求人情報を調べて見ると時給制の雇用の場合、夜勤手当が1勤務あたり3000から8000円と施設ごとにばらつきがあり、時給制ではない契約社員などの場合、日給25000円前後の募集があります。

また、それ以外にも資格を取ると資格手当が追加で支給されることが多く、資格取得を積極的に支援してくれる企業がとても多いです。

実際に、夜勤専従で働いている方の中には、月の3分の1くらい働いてあとは自由に生活している方もいるようです。

今の仕事は楽しいけど職場環境が合わない、出産を機に仕事を離れていたけどそろそろ復帰しようかなという場合、大手の求人・転職サイトで新しい仕事先を探してみたけど持っている資格が活かせそうな仕事が見つかりにくい時があります。

そんな時、どうやって探すと効率がよいでしょうか。

近年、資格や職種を限定した求人サイトが増えていることをご存知ですか?ジョブパワーズという求人サイトの特徴として、医療や介護などの求人のみが載っています。

同じ地域で働く場合、有資格者のほうが給与が高く設定されているので、資格をうまく活用しましょう。

引用:介護の仕事の求人を探している方必見!未経験OK!【ランキング】