個人のセクハラ予防、対策について

 あなたは、セクハラ予防、対策をしていますか?いくら訴訟や調停などの対策があるとはいっても、可能であればそうしたことはしたくはない...と思っている人が、大半だと思います。そもそも、セクハラ自体、自分の身に起こって欲しくない事件なのです。

大きな苦しみを抱えることにならないように、未然に防ぐ策を施しておきたいですよね。セクハラを予防するために、個人ができることは、決して少なくないのですよ。たとえば、服装を派手にしない、むやみに周囲を刺激しない等の予防法があるのです。 服装は、個人の自由で、それをあえてセクハラ予防のために制限されたくない女性は、少なくないかもしれません。

しかし、自らスキを作ったことで、セクハラ被害に遭えば、自業自得とみなされることもあるのです。また、環境を自ら整える点も重要なのです。セクハラとは、閉鎖的な空間で発生するものなのです。 見方を変えれば、風通しが良い職場では、あまり起こらないことになるのです。

とはいえ、就業規則の改訂を含めて、社内の環境を個人の力で大きく変えることは、困難なのです。そのため「なるべく一人ではいない」「夜遅くまで残業しない」等、できる範囲のことで被害に巻き込まれない環境を整えるようにしておきましょう。